calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

月齢

        

latest entries

        

categories

archives

2/26 スノーシューで大谷山へ(滋賀)

奥さんと一緒に高島トレイル上の大谷山にスノーシューで登るツアーに参加した。頂上付近は標高800mほどの山とは思えない景観だった。

山小屋のある地域のエコツーリズムについて学ぶ連続講座に参加させてもらっている。今回のテーマはスノーシュー。高島トレイルの一座である大谷山にスノーシューで登る企画である。

昔からスノーシューは所持していた。スキーのできない友人と一緒に雪遊びをする時に使ってもらうくらいで、自分ではあまり使ったことがなかった。スキーのほうが登るのも楽だし、滑走する楽しみもある。そう思っていた。

今回はスノーシューを使った登山を経験するよいチャンスだと思った。講座の主催者に頼み込んで、奥さんも参加させてもらうことにした。どんなことでも新しい体験というのはワクワクするものだ。週末が待ち遠しかった。

そしてツアー当日。快晴だ。奥さんと二人集合場所に向かい、コースなどの説明を受ける。9時過ぎに出発して登山口まで歩いていく。大谷山には無雪期に何度か登ったことがあった。麓近くは雑木林、上部はブナ林の美しい山だった。

スノーシューを装着して急傾斜の杉の植林帯を登り始める。意外に登れるなという感じだった。スキーなら切り返して登る傾斜でも直登ができる。やがて気持ちの良い雑木林。尾根は次第に細くなる。登山道を絡めながら登りやすいところを登った。

お昼頃、開けた台地でのランチタイム。コンビニで買ったおにぎりを頬張る。ツアーリーダーの方からぜんざいを振舞われる。暖かくておいしい。この辺りで引き返すのかなと思っていたら、また登り始めた。

しばらく歩くと登山道の分岐。右側の展望コースに入った。このコースからは琵琶湖や湖西が一望できる。そして琵琶湖の対岸には伊吹山や奥美濃の山々。素晴らしい景観だ。真っ白な山頂のドームが見えてきた。

突然、右足のつけ根あたりがつった。無茶苦茶痛い。慣れないスノーシュー歩きで普段使わない筋肉に負担がかかったようだ。しばらく立ち止まって回復するの待った。なんとか痛みも治まったので、集団を追いかける。

山頂ドームも間近、雪庇もできている。山頂直下の急斜面をひと登りで山頂に着いた。高島トレイルの真っ白な稜線、そして美浜あたりの若狭湾も見える。奥さんと展望を楽しむ。

午後2時過ぎ、下山開始。急な斜面は駆け下ったり、シリセードで下ったりした。下りの途中でまた脚がつり、往生した。雲が多くなってきた。午後4時ごろ登山口に戻る。小雨が降り始めた。

スキーのほうが好きだが、スノーシューハイクも楽しいものだと思うようになった。またひとつ、雪山遊びの楽しみが増えた。それに雪の季節の大谷山の素晴らしさも再認識できた。良い体験ができたと思う。


コメント
相変わらず遊んでますね!
さて、当方ついに今年車を買うことに。それから来年あたり別荘を購入検討、といっても500万以内のボロ屋およびそこそこの広い土地付き中古ですが。

  • てっさん
  • 2017/03/13 1:25 PM
えっ、カヤックではなく、別荘ですか?
てっさんのことだから山ではなく、
日生あたりの海に近いところ?
実現したら遊びに行かせてください。
  • ts
  • 2017/03/13 11:02 PM
場所は決定してはいませんが、自宅より1時間程度のところで、残念ながら海沿いではなりません。ちょっと前に室津でいい物件ありましたが、売れてました。
手に入れたらぜひ遊びに来てください!
 ちなみに今年の秋ごろ、ワーゲでも購入する予定です。やっと車を手に入れます。K2の出撃回数がふえるかもです。
  • てっさん
  • 2017/03/18 2:08 AM
いずれにしても楽しみですね。
また報告をお待ちしております。
  • ts
  • 2017/03/18 8:21 PM
コメントする